サイドマウントの取り付け方法

こんばんは、NoobArmsの本多です。

本日はMTK83サイドマウントの取り付け方法につきまして説明させて頂きます。

めったに壊れる物ではありませんが、無茶をすると銃本体を傷つけたり、レバーを曲げる原因になります。

まず、下から見るとこんな感じになっていますので、一番手前の黒い奴をスライドさせて取ってください。

するとこんな感じで取れます。

レバーがネジを緩める工具になってますので、ワッシャーをつけてからレバーをきちんとあわせます。

あわせたらネジをゆるめます。

合ってない状態でまわすとなめてしまって、もう調整できなくなりますので、注意してください。

ゆるめたら、サイドマウントに←方向にスライドして取り付けます。

このときにスムーズに入らないようでしたら、ネジを緩めて調整してください。

しっかりおくまで入れましたら、ネジを緩めた要領で、ネジを締めます。

横に動かなくなるくらいまで、締めます。締めすぎには要注意なので、ほどほどに。

締め終わりましたら、レバーの凸部分を、レールを下から見た凹部分にあわせてつけて、最後に黒い奴をつけて完了です。

 

 

外す際はレバーを反対側に倒せば外れます。

その際に写真のように傷が入ります。

レバーが反対側に倒れない場合はネジの締めすぎです。

 

一度外して、再度つけた際に、ゆるくなってしまうこともありますので、そのときは再度調整しなおしてください。

くれぐれも「力攻め」」だけはしないようにしてくださいね。

 

サイドマウントレールは色々なタイプがありますが、どれも壊れるのは力で無理やりつけた場合だけです。

調整がきつい状態でマウントレールを無理やり入れたり、レバーが硬いのに無理やり倒すなど、ネジがなめてしまったりまがったりしてしまい、取り返しがつかなくなります。

 

レディとサイドマウントには優しくしてくださいね^^

ではでは~。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です