A&K SVD ドラグノフとAKMSU流速カスタム

NoobArmsでも、大量に売れた大人気のA&K SVDですが、先日身内にも納品をしました。とにかく飛ぶようにカスタムしてくれ~!との注文でした。

なんやかんやとカスタムをし65mの距離で対等にやりあっていましたよ!的にも「カ~ン♪」といい音をさせてました^^

どんな銃でどんなカスタムをしてもすぐに気に入らなくなってしまう人だったんですが、とにかく大喜びで、長く使ってくれそうな予感です。

やはり、エアコッキングでは「飛ばない」のが当たり前なので、まさかの距離に驚いていました。

そして、お次は流速カスタムです。

私は現在AKMSUをリポ11.1で秒間15発くらいの流速にしてありますが、流速の特徴は、まず「音」、「飛距離」、そして「フラットな弾道」「ブッシュ抜き」です。

秒間15ってどうなの?!って思うかもしれませんが、ちょっと想像してください。

AKで秒間15発、更に耳が「キ~ン」というぐらいの発射音ですよ!これは最高に興奮するでしょ!!

流速はAKに最適だと、AK屋として思います。

実銃は撃ったことありませんが、AKMSUの実銃のサイクルは秒間13くらいだそうです。

さらにリポ7.4で秒間10くらい、ニッスイでも引けてしまいます。(リポを推奨)

そして、飛距離ですが、私は60mをフラットな弾道で当たるようなホップの掛け方をしています。

ですので、ホップをもう少し強くして、多少山なりな弾道にすれば70mもいけます。

60mは余裕で届く距離なので、その距離ををフラットな弾道で飛ばすと、相手にも「当たった」感がしっかりと伝わりますし、フラットな弾道なので60m先の狙ったところ(頭を狙えば頭)にあたります。

ノーマルだと、もともと山なりな弾道の上に、60mでは銃を上に傾けたりして届くか届かないか。

さらに山なりのパワーの落ちきったところで当たるので相手が気づきにくいのです。

そしてブッシュ抜き。

かなりブッシュ抜けます。ガンガンに撃ちこむ必要などなく、すぱっとブッシュがぬけます。

ですが、バッテリーの消費が激しいので、なんとか予備バッテリーを携帯したい・・・・。

と考え、「予備リポケース!!」を作りました!

作るって程のものではないのですが、壊れちまったAKマガジンの中身をくりぬいて中にバッテリーを入れたというわけです。

9.6と11.1どちらでも入ります。1本持ってれば充分ですが、2本入ります^^見た目はただのマガジンなので、違和感無く携帯できます!

戦ってる最中にバッテリー切れで退場するのが切なすぎてこのようなことを考えました。

ドラムマガジンで弾切れの心配なし!リポケース携帯でバッテリー切れなし!

ってどんな戦い方するんだよ・・って感じですよね。

例えば、30分リスポーン戦を3時間とかしてます^^;ほぼ撃ちっ放しですね。壊れないのが不思議だ。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です