AKMSUのVintage加工

AKMSUのVintage加工

最近VintageVintageってそれしかネタないのかってくらいVintageしてます本多です。

でもね、マジで好評なわけよ!こないだもサバゲでいっぱい褒められた♪フフ

でなわけで、暇を見つけてはコソコソやっていた自分のLCT AKMSUのVintage加工が完成致しました~!

自分のものなので、色々実験しつつ進めました。

まずは、ダメージをつけまくる。というわけで、色々なところに、色々なへこみや傷をつけました。

できるだけ、自然に出来た感じを目指して。

そして、今回、実際構えた時に握る部分をしっかり黒くしよう、と思いっきり色をつけたのですが・・・・。

あまり変わらない。これが非常に気に入らない。

色の違いをしっかりと出したかったのに。しかもWAXを塗ることによってちょっとまたLCTちっくな高級感が生まれてしまった・・・。

個人的には、最悪真っ黒になってもいいやと思っていたのに、若干美しい仕上がりに納得がいかず、この写真を撮ったあとで、もう一回外してWAXを再度はがしました。

LCTのウッドはもともと美しいですから、わざわざ加工する必要もあんまり無いんじゃないかって思うかもしんないですね。

でも、ただのピカピカの新品じゃ、つまらないんです。ちなみに、これが新品です。

比べると、じつはコレだけちがいます。

LCTはちょっと赤いんですよね。そして、表面がニスで仕上げてあって、ツヤツヤです。意外にニスが厚く、なかなかけずれませんでした。また形がめんどくさいのなんのって・・・ブツブツ

そして、再度WAXを外して、やりなおしたのが以下の写真です。

どうすかね?個人的には、納得の出来になりました。まぁ・・・もっと黒くてもよかったんだけど、使用するうちにどのくらいWAXが落ちていくのかも確かめたかったので、木の色も残しました。

合板のAKを何度かVintage加工した結果、「削りすぎ」ぐらいがいいと感じました。

削りすぎると、一番表面の板がけずれて、下の板が出現するわけです、すると下の写真のように握り続けた感が出ます。

これはRomania AIMSだと、削りすぎずともこうなります。

こんな感じ。かっこいいわ~。

あとはレシーバーとかをちょっとだけウェザリングして、完成です!


One thought on “AKMSUのVintage加工

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です