Raptor PKP Conversion Kit Full steel version

Raptor PKP Conversion Kit Full steel version

Raptor PKP Conversion Kit Full steel version

ラプターPKPのコンバージョンキットが到着しました!

まず、内容はこんな感じ

フロント、ガスチューブ、ストック、バイポットクリップのセットです。

バイポットクリップは画像にありませんが、明日到着予定ですので、到着次第、販売開始しまーす!!

バイポッドクリップという名は勝手に名づけましたが、これです。

バイポッドはA&K PKM用が流用できるようになっているのですが、そのままつけると、PKM用のクリップではバイポッドを折り畳んだ時に、クリップの長さが足らず、届かないんです。又、位置も違うため、PKP専用の、バイポッドクリップを着ける必要があります。

PKPのバイポッドはこんな風に上に向かって固定しますので、クリップの位置を上へ付け直す必要があります。

バイポッドクリップの位置の違いはこのくらい。

これがPKP

これはPKM

画像に角度の差があるので、少々分かりづらいですが、バイポッドの溝を目安にすると分かりやすいかと思います。

加工よくわからん!できん!という方はNoobArmsが承りまっせ~。

バイポッドを送って頂ければ取り付け加工します。工賃は1000円です。

それではここからは組み立て例です。思う存分眺めて欲望を高めてください。

どーん!

かっこいい~!無骨~!鉄鉄しい~!ムキムキ~!

 

こんな感じにドレスアップもできますよ~!ジェントル~!

ZENITのB-50装着例です。

(画像のB-50は少し隙間がありますが、本当はきちんとちゃんとがちっとつきます。ちょっとネジが見当たらなくて、ネジ2本で固定している状態です。)

B-50の装着ですが、やはりPKPの特徴といえば、キャリーハンドルの溝ですよね。これがあるからフロントサイトがばっちり見れるわけなんです。

ZENIT B-50の実物の装着例などみますとキャリーハンドル上にもうひとつパーツをつけて固定している姿を見かけますが、そうするとアイアンサイトで狙えなくなっちゃうんです。

ですが、そうしなくともB-50は固定できます。

まずこれ、B-50の左右のパーツの裏側です。

このパーツの右側に溝がありますよね。

これです。溝。

この溝にPKPの皿のはじっこを入れます。

皿って・・・これです。

この皿に溝を合わせます。

するとこんな感じで穴から皿の端っこが見えます。

このようにきちんとはめ込んで、ネジをしたから6本きちんと閉めこめばしっかり固定できます。

どうですか?

ほれほれ~

PKPのこの部分が好きです。

うひ~

 

Raptor PKP Conversion Kit Full steel version

ラプターPKPコンバージョンキットフルスチールバージョン

NoobArms価格 26800円

オプション:バイポッドクリップ取り付け 1000円

2017/09/29 販売開始しまーす!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です