Vintage加工を突き進むと・・・

Vintage加工を突き進むと・・・

皆様こんばんは、店長の本多です。

おかげさまで大人気のVintage加工ですが、先日、メカがとんでもないことをしてくれました。

NoobArmsのAIMSはGP-30がついてるので、ハンドガードはAKMSのものがついています。

これはすでにVintage加工済みなのですが、使ううちにWAXがはがれてだいぶマットな感じになってきています。

でもって、アッパーハンドガードは黒い方がいいと、いっていたのですが、やってくれましたよ、

なんと、「火あぶりの刑」です!!

わかりますでしょうか?

この黒いのがそうです。

どうしたのこれ?

「・・・・ライターであぶった。」

結果、私は気に入りましたがいかがでしょうか?

さすがに毎回このように仕上がらないので、ご注文は承れませんが、よかったらチャレンジしてみて下さい^^

あくまでも、自己責任で・・ね^^b


One thought on “Vintage加工を突き進むと・・・

  1. 追記です。
    え~っと 火あぶりの刑に処したのはアッパーハンドガードの中央の丸く焦げている二箇所だけです。
    アッパーハンドガードの両端の黒々した部分はワックスの塗り方一つで再現できます。

    焦げた部分とワックスが濃いだけの部分の色に大した差が無く火を使わずとも[味]が出せることにご注目下さい。

    この雰囲気はヤバイですよ~。
    ベースはCYMAです。
    初速は60台です^^::
    トルクギアの9.6Vニッスイ 又は 7.4Vリポなのでサイクルは10発/秒程です
    人に優しい鉄砲です。
    でも戦えるんです!!!

    たまには県外に遠征したいので 呼んでくだされば店長共々遠征に行きたいと思っています。
    レギュレーションに合わせて銃の調整していきますので 是非お声掛けヨロシクお願いします。

    一つ我侭言わせてもらえれば、ホノボノした笑いのあるフィールドへお邪魔したいと思います。

    商売抜きで遊びに行かせて下さい。よろしくお願いします。

    ※来るならついでにアレ持ってきてとかのリクエストにはお応えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です