Vintage加工最新研究中・・・

Vintage加工最新研究中・・・

皆様今晩は、今日は過ごしやすい天気でしたね~、昔の夏は今日くらい過ごしやすかったけど、ココ最近の夏は酷いですね。

真夏のサバゲは皆様気をつけて遊んで下さいね。

さて、本日はVintage加工のNewバージョンを模索しておりました。

まだ商品化はできませんが、今、こんな感じです。

ちっさいアッパーですな~。さて何のウッドハンドガードか分かりますか?

正解は、AKピストルです。

今メカがAKピストルでなにやら企んでいるようですが、その一環として、新しいVintage加工も試してみました。

一番左の写真の手前アッパーハンドガードが従来のVntage加工です。ステインで色づけし、WAXで仕上げる。

写真のように、マットな艶感が出ます。

今回試したのは奥のロアハンドガードです。つやっつやですね。

これはニスではありません。艶のでるなにやら(秘密)でなにがし(秘密)しました。

もうお気づきでしょうが、稲妻マークと蜘蛛の巣はちょっとシャレでつけてみました。かっこええでしょ?

この秘密のなにやらを塗ると、稲妻や蜘蛛の巣の黒と、ウッド茶色の差をくっきりと出してくれます。

このウッドは単板ですが、合板のものに塗ると、くっきりと縞模様が見えてきます。

今までのVintage加工は、初めは艶がありますが、触るうちにWAXが落ち、艶が無くなって行きます。

ですが、WAXを再度塗布し、磨けば艶も出る。傷ついたところにWAXをしみこませれば、味がでる。

そういった「手入れ」も一つの楽しみとして提供させて頂いております。

今回のこのツヤツヤ加工ですが、これは触っても艶は落ちません。ピッカピカです。手入れの必要は一切ありませんが、本当に艶ピカです。

まだ少し課題の残る結果となりましたが、これもアリかなと思っております。

色々試してみるのは大事ですね、失敗も怖いですが、何事もやってみにゃわからんと言うことでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です