Vintage Real Used 加工誕生!

Vintage加工に新ヴァージョンついに完成!!!

これまたわる~~~い。

今までのVintage加工は、とても「綺麗」です。下の写真の通り、表面はつるっとしていて、ステインが染み込みやすいところが深い色になります。色は茶色~こげ茶ですね。色はLCTのウッドの色に近い感じです。

でもってもう1パターン。黒仕様。ステインをメインにし、WAXは薄めですので、少々控えめな艶ですね。

上の2種類のVintage加工は、ステインの色の違いによるもので、真っ黒仕様は炭のように黒くすることも可能です。

Vintage加工はWAXが落ちる。つまり使い込むほど、WAXが部分的に落ちていき、「良い味」を出してくれておりました。

そして、WAXが落ちても、再度メンテナンスWAXを塗ることにより、また艶を出すことができたり、新たについた傷を深みのあるものにしてくれます。

今回の新ヴァージョン「Vintage Real Used加工」は、「綺麗」とは反対の「汚い」を表現しております。

汚いと一言で行ってしまうと、ちょっとアレなので、まずは写真をご覧下さい。

特徴としまして、艶が持続します。艶は通常のVintage加工とは違い、ざらついた仕上げです。そして、表面はオイルが垂れたかのようなムラや、凹凸が最大の特徴。

見ての通り、ウェザリングをした銃に非常に良く似合います。

無稼動実銃を見たことがある方は分かるとおもうのですが、ハンドガードなんかに黒い塊がついてたり、汚くびよーんとのばしてあったりするでしょ?あんなイメージです。(あくまでイメージです。)

これは、WAXによる表現方法なので、少々WAXが厚塗りな傾向になり、色は更に濃くなります。(WAXが厚い部分は黒っぽくなります。こげ茶~黒な感じ。)

もちろんこれもVintage加工なので、さわれば触るほどWAXは徐々に落ちていきますし、メンテナンスも可能です。

過去に通常のVintage加工を行ったウッドでもできますし、持込もOK!AK以外をご希望の場合は、お見積もりいたしますので、ご相談下さい。

Real Used加工は、WAXを大量に使うのと、手間がかなりかかるので、通常のVintageより少々お値段かかります。

Vintage Real Used加工 ハンドガード上下(グリップ) 3000円

Vintage Real Used加工 ハンドガード上下(グリップ)&ストック 5000円

もちろん今までのVintage加工は同じ値段ですので、ご心配なく!

Vintage加工のご注文はこちらよりお願い致します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です