新らしい追加オプションについて

新らしい追加オプションについて

まいどっす

先ずは、今更感のあるSBD取り付けオプションです。

DSC_1153_R DSC_1154_R

小さいチップが抱き合わせで二個ついてます

 

まだ酷使してないので在庫なし状態ですが、テストで問題なく商品化された暁にはよろしくお願いいたします。

商品ページはこちらです

さっさとテストしない理由は後ほど

7.4V 仕様のチューンに併せて お選びください。

うちでは8.4Vや9.6Vのニッスイやニッカドを推奨してないので 7.4に併せてといっております。
11.1V仕様のチューンにはFETをつけてますので必要ありません。

うちのFETにはSBDのようなものも組み込まれてますし、スイッチに流れる電流は信号程度なので スイッチへの負荷もほとんどありません。
リニューアルと共に 7.4V仕様のチューンにも FET取り付けオプションが追加されてます。こちら

DSC_1149_R DSC_1152_R

表と裏でございます

プチ爆とライトチューンαもFETを組み込むことにより11.1Vでも7.4Vでも使えるようになってます。

11.1V使えば単純にサイクルとレスポンスがアップします。

メカボ強化ではFETオプションは選択できません。11.1Vを使うとバネが弱いのでセミが一発で止まりきらないからです。

従来のライトチューンでも何かの拍子にオーバーランすることがあったので採用してませんでした。

ライトチューンα、プチ爆を選ぶ際は FET&11.1Vもご検討ください。シチュエーションや予算に応じてフレキシブルに対応できます。(大袈裟)

7.4しかもってないけど、11.1への移行も興味ありとか。

11.1は一本しか持ってないけど7.4も使えるなら!とか。

普段は7.4だけど今日はガチで11.1!とか。

ちょっとあいつ か◯いな! 11.1にしてサイクル上げちゃお! とか。
もういいって?(笑)

逆に11.1V専用チューンには7.4V使うのはやめといて下さい。

引いとるバネが強いので 7.4で回らなくはないけどコネクター、モーターやFETが熱を持ったり パワー不足でセミのときにロックしたりする可能性があります。

発熱するってことは 負荷がかかっちゃっとるってことで、そういう状態で遊んでいいのは 壊れると楽しくて笑っちゃう人達だけです(笑)
あと、FET組み込んだ場合は バッテリー交換の際、くれぐれもトップカバーとレシーバーの間に配線を噛みこまないようご注意下さい。

ショートさせると非常に危険です!!! くらい言っておくと慎重になってちょうどいいかと。

慌てなきゃ大丈夫だと思いますb

11.1v使うと7.4Vには戻れないよ~

 

 

 

追伸 SBDをさっさとテストしない理由を書いてみたのですが あまりにも毒を吐きすぎましたので 削除しました。

さっさとSBDのテストして販売開始しようと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください