Raptor GM-94 サンプル入荷!

Raptor GM-94 サンプル入荷!

Raptor GM-94 サンプルついにやってきました!

先ず説明しなきゃいけないのですが、使用するカートはTAGinnのシェルを想定されておりまして

もちろん日本では使えませんよね。 

装填、排莢が今までのランチャーとは違いますのでカートの全長というのが大事になります。

TAGinnのシェルは全長が115mmとのことですので、互換性のあるカートを調べたところ40mike…

これも禁止フィールドが多いので何とかせねばと思っていたわけです。

Raptor社からの情報では最初に装填するカートが40mikeなら後の3発はMaster Mikeでも行けるとのことでしたので、カートを押す部分にスペーサーかませば行けるんじゃない?と質問したところ、NOと返事が返ってきました。

何はともあれ見てみないと始まらないということでサンプルの到着を待っていたわけです。

予約開始してない理由もここにありました。

結論から言うと、なんとかなりました!

スペーサーというと確かに語弊があります。NOと言われるのも頷けます。

カートを押す部品ごと延長してしまえば無事使えるようになりました。

今のところ試して使えたカートの種類は

・Master Mike

・Madbullの3個セットでお得なやつ(一般的なモスカート)

・CAWのよく見るやつ先端が平らなほうがより安定はしますが丸みのあるタイプでも使用可能です

115mm以上全長があるものは装填も排莢もされません。

Master Mikeの全長は95mmです。

作るパーツは写真右にあるアルミの物です

マガジン?になる筒の中身はこのようなパーツで構成されてます。

純正は右上の黒いプラスチックになります。これを2cmほど延長した物を作れば一般的なモスカートも使えるようになります。

手短にあった材料がこれしかなかったので今回はジュラルミンの丸棒を削り出しで作りましたが製品版が出たらPOMの削り出しで作ろうかと思っております。

ここの分解は非常に簡単で且つ、分解してる俺かっこいい!みたいな雰囲気を味わえるガチな作りです!

POMの削りなら比較的安く作れると思いますので、必要ならばご注文ください。

制作に時間はかかるため当店で本体ご購入の方限定にはなります

もう一つの解決策

まだいつになるとは言えませんが、Raptorから純正のカートリッジの販売も予定はしております。

こちらを待つのであれば部品を交換する必要もありません。

商品販売時期は未定なのでご了承ください。

早くガチャコン ガチャコンしたいですよね~

一つ不安なのがGM-94も生産量は多くはないため純正カートを待つとその頃には本体が買えないとかになってそうですね。

ご予約開始は今週中に致します。

よろしくお願いいたしますm(_ _”m)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。