Raptor MP443 ノズル周りの掃除

Raptor MP443 ノズル周りの掃除

分解の方法については このブログのRaptor MP443 スライド付属部品の分解 組み込みを見てください。

こちらの4点 特にセンサーバルブのストッパーより前側に異物が噛みこむと動作不良の原因となります。 ノズル周りにはバリも出ていることがありますので最初のうちは取り除いてやることが必要な場合もあります。

センサーバルブがうまく動かない場合は大量のガスを噴出してしまうので 一気に冷えて動かなくなったりします。

ノズル内部、スプリング、センサーバルブ、ストッパーをパーツクリーナーなどで洗浄しシリコンオイルで馴染ませて組み込んで下さい。

組み込み後のチェックはノズル後方よりセンサーバルブを押してみて軽く動くことを確認して下さい。

ざらざらする感覚がある状態では動作不良が起きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください